Dentistry

睡眠中

いびきの原因とマウスピース

いびきとは、睡眠中に鼻やのどの狭い部分の粘膜で起こる空気の振動音です。まれに自分のいびきの大きさに驚いて起きることもありますが、一般的には自分で気が付きにくく、家族などから指摘されて自覚します。いびきは睡眠時に咽頭や舌の筋肉が低下したり、鼻疾患や咽頭部の障害があったりすることで気道が閉塞され起こります。その他にも、肥満やアルコールの摂取、加齢や小顎などが原因として挙げられます。 いびきを改善する方法として、横向きに寝たり、枕を使用せず寝たりする方法がありますが、改善しない場合は歯科でマウスピースを作成してもらうのが効果的です。マウスピースをはめて睡眠することにより、下顎が上がることで気道が確保され、いびきが改善されます。マウスピースを作成する費用は歯科によって変わりますが、2万円〜6万円程で作成が可能です。興味がある方は一度医師の診察を受けてみるとよいでしょう。

危険な病気を引き起こす原因にも

いびきなんて誰もがかくものだし、大したことはないと思っていませんか。いびきをかくということは気道が圧迫されているということなので、呼吸が抑制されて眠りが浅くなり、睡眠不足の原因になります。また、最近有名になってきた無呼吸症候群が隠れている場合もあります。いびきをかいている最中に10秒以上呼吸が停止し、1時間に5回繰り返される、もしくは一晩の睡眠中(7時間)に30回以上呼吸が止まると無呼吸症候群に認定されます。無呼吸症候群は体内の酸素不足を招き、高血圧や不整脈、心不全、突然死を引き起こす原因にもなります。無呼吸症候群の改善にもマウスピースは効果的なので是非受診しましょう。 軽度のいびきはちょっとした工夫や日常生活の改善で治すことができますが、重度の場合や無呼吸が確認された場合は速やかに医師の診察を受け、マウスピースなどの適切な治療を受けるよう心掛けましょう。

歯周病の原因

近年、歯周病に悩む方が多く、歯科医院でも歯周病予防に力を入れています。その歯周病の原因が多くの症状となって出てきますので、確実に直すためには歯科医院のよるケアが必要なのです。

» 詳しく読む

歯並びがいい

歯並びがいい人は顔立ちもいいということが多いです。何よりも歯を見せても問題がないという点が大きいと言えます。そのため、歯の矯正を行なう人は大勢います。また、目立たない方法として裏側矯正と言うのがあります。

» 詳しく読む

健康な歯

健康な歯を維持するために利用した方がいいところは歯科です。歯科を利用することで歯の病気を治療することもでき、虫歯にならないように対策をすることも可能となります。

» 詳しく読む

高齢者の利用率

現在、社会は高齢化社会と言われています。その高齢化社会が影響していることもあり、歯科を利用する人は高齢者が増えています。また、高齢者が利用する目的は自分の歯を維持するためです。

» 詳しく読む